ホーム > ニキビ > ニキビができやすいお尻の肌

ニキビができやすいお尻の肌

多くの女性が悩んでいるニキビは、顔以外に、お尻や背中、胸など、さまざまなところに発生します。

そんなニキビは、過剰な皮脂分泌や古い角質が厚くなる角質肥厚などが影響して毛穴が詰まり、アクネ菌が繁殖することで発症します。

特に、お尻は皮脂の分泌が多く、肌表面はとても分厚く、硬い部位になり、とてもニキビができやすい環境にあります。

座っていると、体重は腰とお尻で支えているので、どうしても肌への刺激が強くなります。

そうすると、角質肥厚を起こしやすく、毛穴が詰まってアクネ菌の温床になります。

その他に、お尻のニキビができる要因は、汗で、お尻は蒸れやすく、汗もそのままにしているケースが多く不衛生な状態になりやすく、また、下着とズボンで常に隠されている部位で、トイレや着替えの時くらいしか空気に触れることがありません。

通気性が非常に悪く、イスに座っている時間が長い人は結構汗をかきます。

このように皮脂分泌が多くて角質が厚いお尻は、ニキビができやすい条件が揃っており、他のパーツと比べて清潔に保つことが難しいのが、お尻のニキビができる大きな原因になっています。

ストレスなどによるホルモンバランスの乱れも要因の一つで、ストレスが溜まると血液の流れが悪くなり、血行不良が起こることで老廃物が排出されにくくなり、お尻のニキビができやすくなるのです。

http://www.shinkitahara.com/

さらに、洗髪で使うシャンプー剤の洗い残しや、すすぎ不足も要因で、汚れやボディソープなどの泡をきちんと洗い流さないと、お尻や背中、胸などのニキビができやすくなります。

また、体を洗う時は、ニキビをゴシゴシと強く擦らないように注意して下さい。